賢治街道を歩く会 | 宮沢賢治の足跡や作品と米里(岩手県奥州市江刺区)の関わりの深さを正しく後世に伝えるため発足した会です。

「賢治街道を歩く会」は宮沢賢治の足跡や作品と米里の関わりの深さを正しく後世に伝えるため発足した会です。

賢治街道を歩く会 宮沢賢治の愛した世界

種山ヶ原で草を刈った思い出

語り手 奥州市江刺区米里字中沢  浅倉 芳吉 氏(1922年生まれ)

 当時、種山ヶ原は一面の草原で、春になれば野焼きが一斉に行われ、手入れが行き届き、草履を履いてどこまでも行けるような美しい野原が広がっていた。晴れた日には早池峰山、 岩手山、駒ケ岳、須川岳(栗駒山)、室根山、五葉山と展望が素晴らしい。
 毎年、9月1日は草刈りの鎌明きで、その日は朝暗いうちから準備して馬2~3頭を引き、いつもの草刈り場に向った。朝夕出入りには家内総出で道中安全を祈りながら手伝った。なるべく人手は多い方がよいので、馬のいない家の人を頼んだり、若い嫁さんも無理して乳呑み児を置いて出かけたこともある。先頭の親馬の荷鞍に乗り、草を束ねる縄を綯いながら行ったものだ。
 4~5日は泊りがけになるので、簡単な小屋を組み、一心に草を刈り、広げては干し、広げては干したが、丁度台風の時期に重なるので雨や霧が非常に心配であった。
 朝はどの小屋からも炊事の煙が細く立ち昇り、仁徳天皇の故事が偲ばれた。当時、草丈は短く、鎌砥ぎには苦労した。一日中腰を曲げて鎌を振るった。乾草が出来れば、束ねて馬に積んで家に運び、また翌日も繰り返した。
 家までは片道7kmで2時間を要した。夕食後は翌日使用の馬沓を作った。当時は時計を持っている人もいないので、午後は太陽の傾きを見て判断し、行動した。
 親馬と、生まれて6ケ月位のまだたどたどしい仔馬も一緒に連れて行くので、道の悪い所を行くのは大変であった。種山の乾草は良質で馬の飼養には最適であった。
 私が兵隊に行く前の昭和14年までは、毎年親父と草刈りに行ったものだ。

 このような草刈りは、おそらく藩政時代から明治、大正、昭和と続いて行われていたと思う。昭和15年頃からは村営放牧地となり、その後だんだん山の手入れも行われなくなり、種山ヶ原の様子はすっかり変わってしまった。昔、沼辺の殿様が鴨狩をしたという大きい溜池があって、どんな日照りの時も水が枯れることが無いといわれていたが、今は土手が少し残っているだけである。
 宮沢賢治先生の詩の中に、「種山ヶ原の 雲の中で刈った草は どごさが置いだが 忘れだ 雨ぁふる」とあるが、まさに当時の実感である。

平成19年12月3日記録
聞き手 利府 眞三 氏

多謝

フォト.jpg旧木細工小・中学校校舎保存事業への募金をありがとうございました。
木細工村おこし会(会長菊池春男氏)が長年校舎保存運動を展開してまいりました。
この度全国の皆様や市のご支援で屋根・外壁の修理、昇降口等の改修をし、保存事業第一段階を終えようとしています。改めて皆様のご協力に感謝申し上げます。現在、昇降口を修復していますが、朝「カランカラン~」と鳴っていた昔懐かしい学校の鐘を取り付けようと考えています。今、その鐘を捜査中!
なお、一つの区切りとして2月21日(土)午後1時頃に奥州市立木細工小学校体育館を会場にこれまで色々ご指導いただいた岩手大学名誉教授望月善次氏の講演会を開催します。
平均年齢70歳以上の木細工村おこし会の皆さんのバイタリティに大きな拍手を贈りたい!

宮沢賢治と人首

 人首(現奥州市江刺区米里)は歴史深い土地柄です。北の明神山から、東の大森山、物見山、烏堂山は、それぞれ坂上田村麻呂と関連ある史跡や、言い伝えのある山々です。その中で大森山は、田村麻呂軍と蝦夷軍の最後の攻防地で、地名の由来ともなった人首丸(悪路王の弟の大武丸の子)の墓があり、言わばこの一帯は古代史エリアになります。
 またそれらに五輪峠が加われば、広大な蛇紋岩及び班糲岩層地帯となり、特に種山高原の麓の古歌葉周辺から伊手の口沢にかけての山間部は、金・銀・銅・鉄鉱等の有用鉱物の埋蔵が豊富で、平泉藤原氏時代から採掘され、その後の江刺の鉱山業発展の源ともなっております。
 その中心部を、東西に走り抜けるのが盛(さかり)街道ですが、それは一方の五輪街道と共に、古くから内陸と三陸を結ぶ重要な交通路として発達してきました。人首町はちょうどその分岐点に当ります。
 慶長11年(1606)、沼辺氏が現宮城県から地頭職として移封され、人首川沿いの地形を活かしての町づくりが始まり、現在の町並みの原形が完成したのは明和3年(1766)と伝えられます。伊達と南部の藩境として要所に位置し、また盛や五輪街道との関係から、常に旅人の往来が激しく、その頃に宿場町としての基盤が形成されました。
 その後、人首町が最も繁栄したのは、大正から昭和初期にかけてのことです。明治30年に岩手の八県道のひとつとして盛街道が認定され、そこに一時的ながらも栗木鉄山の隆盛や、またカトリック教会とハリストス正教会(ロシア正教)の二つの教会の出現などが影響し、その繁栄ぶりは昭和初年に作成された「米里名所絵葉書」等に、良く表れています。
 明治39年には、河東碧梧桐が、遠野に行く途中に足を休め「人首(ひとくび)と書いて何と讀む寒さかな」と詠んでいます。また大正9年には、柳田国男が三陸海岸北上の旅行の際、佐々木喜善の配慮で人首に立ち寄り、村役場を訪ねていますが、喜善の『江刺郡昔話』(大正11年発行)は、人首出身の浅倉利蔵から聞いた話が主となっているのです。
 宮沢賢治が人首に足を踏み入れたのは、そんな状況の中でした。賢治は二度、人首を訪れていますが、一度目は大正6年9月3日の江刺郡の地質調査の途で、二度目は大正13年3月24日(〜25日)のことです。
>>続きを見る